スマイル呼吸法

トップページ > スマイル呼吸法

あなたは、ストレスに強いですか?

同じ言葉が耳に入ってきても自分の気分、状況により
受け止め方は、変わります。
ストレスと感じる人と感じない人、ストレスに強い人と弱い人とは、何が違うのでしょうか?

体も心もストレスを感じやすい方は、呼吸の浅い方が多いのです。

気の合う人といて楽しかったり、自分の居場所があったり、落ち着くと感じられる時は、
リラックスできているので、呼吸は無意識のうちに深くしています。
逆に苦手な人がそばにいたり、苦手なことをしなければならない時、緊張状態にある時呼吸は、
浅くなってしまうのです。
常に緊張状態で、張りつめて生きている人、心と体を緩めることをしないで過ごすと生きづらく、小さな失敗で自分を責めたり、背負わなくてもよいマイナス思考までかかえてしまって、
負の循環を繰り返します。
焦っている時ミスが増えたり、場違いの話をしてしまったり、人に嫌われてるように感じたり、
人の評価に惑わされたり。
重なってくると便秘になったり胃や腸の働きが鈍くなったり、アレルギーの症状がでてきたり、
夜眠れなくなったり。
体は症状として正直に教えてくれますが、心はなかなか気づきません。

そんな状態から抜け出す方法がSMILE呼吸法です。

心地よい緊張と自分を取り戻す緩みとをコントロールできるようにすると、毎日が楽しく、
充実感を味わうことができるのです。
つまり、交感神経と副交感神経のON.OFFを素早くコントロールできることが必要です。
そんなこと自分の意志で動かせるわけがないと思っていらっしゃるでしょう。
それが呼吸を深くすることにより、自分でコントロールできるのです。

ストレスを感じた時、大きなため息ばかりつくことがありませんか?

ため息でお腹の中から思い切り、息を吐き出しています。
私たちは無意識のうちに、行きづまりを感じて、大きなため息で気分を立て直そうとします。
つまり呼吸を深く、お腹がからになるまで息をはきだしているのです。
呼吸を深くするとストレスを軽減できて、内臓の働きは活発になり、よどんだ心は常に
新鮮な心を持つことができるようになります。
呼吸法をマスターすると、発声法も変わり、人間関係から仕事の仕方、五感までも変化します。
さあ、昨日までの毎日とは少し違った "今" に出会ってみてください。